読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

なんだかここ数日ばたばたしてた。

気持ちが休まるタイミングはやはり夜で、朝ではないようだ。

はやく眠れと言われるのがこんなに辛いとは…

 

朝には一応小学生のお手本になるために、7時前には起きる。

夜通しぼーっとしていて気づけば朝になることもあれば、知らないうちに眠りについていることもある。

"帰りたい"と思える家のないことが、こんなにもしんどいなんて思ってもみなかった。

よくしてくれるひとがいるのに、こんなわがまま言うのは最低だということもわかっているけど、ひとりでゆっくり落ち込んでいたいときもあるんだ。落ち込んで落ち込んで、ぐずぐずと泣いて、いつの間にか息をしている生活がすこし恋しい。

私がいま生きるために必要なのは、ある程度の孤独なんだと感じているこの頃。

 

今日はたまたま本を読んでみようと思う機会があって、手にとってみた。相当などきどきと汗。

やっぱり、目で追うことがまだできない。

ショックだったけれど、まだできないというだけで、これからできるようになるんだって、思えるようになった。前進。

美容院にも行った。行ったことのないところ。

女の人を指名しておいてよかったけれど、喋らなきゃ喋らなきゃと思ってしんどかった。用意されてある雑誌も、読まなきゃ読まなきゃと思ってしんどかった。

ピアスもしていったのが間違いだった。カットしている最中にひっかかって落ちたこと、気づかれなかった。もう行きたくないな、なんて、思ったり。

もう今日は、ひとに気を遣ったり、自分のことでいっぱいいっぱいだったり、散々だった。

まあこれで年納めということで、やさしい気持ちで受け止めてあげよう。

 

あまり文字にしてもいい気持ちになれない。

どうしてなんだろう。

文字に嫌われたのか、文字を遠ざけているのか。

明日はゆっくり過ごせますように。