読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

昨日は早起きをして、バスケットの全県大会の応援に行ってきた。

小学6年生のいとこはいつもいつも、声を出せ、やる気がないように見える、だらだら動くなと父母から言われていた。確かに、他のチームの応援の仕方やプレイをみていると、いらいらしてしまう気持ちもわからなくはなかった。

でも、私にはあの小さな小学生が、広い体育館の中を走り回って、必死にボールを追って、ゴールに向かう姿はだれよりも格好良くみえたよ。

帰ったらお疲れさまって言って、たくさんお話を聴こう。

これから新しい沢山のひとたちに出会っていく彼女を、私は私の中にある旗を大きく振って応援したい。

 

秋田は昨日から、降っては止んでの白い空模様。

昨日の夜はひとりでホテルに泊まって、久しぶりに駅前の小さなショッピング街でお買い物を楽しんだ。戦利品はヘアケアワックスとシュガースクラブ。このたったふたつを買うことに、私は以前の何倍の時間を費やしたことか。いくら迷ったことか。

別に欲しいわけでもなかったけれど、竹ぼうきのようにバサバサになった髪と、かさかさの体を労ってあげたい気持ちになった。

ふたつを買おうという考えに至るまでは、入浴剤やら手帳やら、新色のチークやら折り畳み傘を見てはこれでもない、それでもないと繰り返していた。

 

ホテルを出る前から綿雪がちらついていたけれど、お買い物を終えてホテルに向かう頃には、歩く私にも積もってしまうのではないのかというほど降っていた。

 

夜をだらだらと過ごし、短大時代からの友人と遅めの夕食。8日も会うけれど、やっぱり会いたくて声をかけた。

よかった。

会えるときには会うという選択肢を掴んだ私は、偉かった。

元気な時間は精一杯元気に過ごしたくなる癖はなかなか治らない。後々どろどろした沼に沈んでいくように気分が落ち込むけれど、楽しいことを楽しめる時間は、落ち込むときに落ち込める時間と同じくらい必要なんだ。今の私には。

 自分に対する言い訳なのかもしれない。

ただ、楽しいものにはきっと手を伸ばすことを、みんなやめられない。ひとの性だ。自分に言い聞かせて、今を楽しんでやる。

 

秋田の寒さは思わず「さむぅい!」とひとりで声を上げてしまうものだけれど、どこか優しい。

降る白い雪。

つめたい風は頬を包み込むよう。

歩道は雨雪が冬靴に踏み潰されてぐしゃぐしゃ。

挙げてみればいいところなんてないのだけれど、私はやっぱりこの寒さと冬がすきなんだ。

雪がまたずっしりと積もって、毎朝雪かきをするひとたちが言葉を交わす季節が過ぎたら、私は24になる。

目標もなにもない。ただ白いだけ。

今はそれでいいやと許せる気分。

私は私に優しくなれるとき、存分に優しくなれるようにと思う。こたつに脚をつっこんで抜け出したくないのなら、そのままでいる。それでいいよと、声をかけてあげる。

きっとそこが私にとってのスタート地点だ。