読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

ねーさんに教えてもらったブログ。

 

私は続けようという気持ちが欠落しているのか、何事に関しても続いたことがない。

とりあえず、思い出した時に今日の自分がなにを思ってなにを受け止めて、どう出力していくか。その出力としてここに残していこうと思う。

軽い気持ちで始めるのであれば、もしかしたら奇跡的に続くものなのかもしれない。いつだって欲深く生きていたらなにかに躓いて、崩れていくものだ。

 

10月の下旬から秋田に帰省して、どうにかこうにか私は息を吸って吐くということができている。生きている。

 

前に通院していた病院からきた封書には、私が見るべきではない診断書まで同封されていた。

それには、自分では病気でお腹が痛くなることがストレスによるものだと理解できていないということが書いてあった。

私はただ面倒な患者のひとりとして認識されていたのかもしれない。そうなるとすれば先生には大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ。素直に謝りたい。

ただ、私はお腹が痛くなることがストレスによることだとはわかっていた。それがどうしてそうなるのかはわかっていたけど、ただお腹が痛くなった時にどういった対処をすればいいのかがわからなかっただけなのに。

ただ、お腹が痛くなってしまうので、その時にどうすればいいのか、お薬があるならのめば一時的にでも治るのか、それだけ教えてくださいと、なぜ言えなかったのか。うーん。今でもわからない。

 

いま通っている病院の先生は、たぶん苦手なタイプ。

最初に断言をするタイプのひと。

どうしてか、私はその言い切った言葉に不信感や疑問をおぼえてしまう。きっと自分のことを他の人に丸裸にされる気がして怖いからかもしれない。はたまた胡散臭くて嫌いなだけか。

一瞬で私の体と脳内をスキャンして、細胞ひとつひとつ異常がないか確認。脳から分泌される成分が足りていない、または過剰であることが、一瞬で可能ならば話は違うけど。

とにかく私が治します。そのお医者さんは初めて私を見た時にそう言った。母親は目を輝かせた。

私は、あぁ終わったなと、そう思った。

 

会社を休むようになって1年と4ヶ月くらいが過ぎた。

台風のように襲ってくる、不安定な気持ちと向き合うので精一杯だった日もある。それとは反対に映画を観てお料理を作って、ずっと笑えるような日もある。その日のことを思い出して、私はなんでお仕事に行く日は具合が悪いんだろう、なんでこんなわがままに生きているんだろうと考える日もある。

 

毎日が穏やかってどういうことなんだろう。

私には見当もつかない。

ずっとずっと当たり前だと思ってきたことが、当たり前ではない、これは病気なんだよと教えてもらったこと。

感謝してる反面、恨むこともある。

 

毎日過ごしてきた日々は、確かに生きづらかった。

なんで器用にできないの?

どうして私は体調をすぐ崩しちゃうの?

まわりに迷惑をかけるからもう少しでも頑張らなくちゃ。

あと少しでできるところにいる。

でもやっぱりできなかった。

 

そっかそれは病気だからなのか。

きっとこれからも何かするたびに病気が私の後をついてくる。もしかしたら病気が前から手招きしてるのかもしれない。

でも私は生きていくしかない。

 

手を繋いでくれる、話を聞いてくれる、ただそこにいてくれるひとはいる。

それだけで幸せなんだと言い聞かせる。

感謝できる時になったらちゃんと向き合って、お礼を言いたい。

 

いつもどおり、母親は私に無関心なのかよくわからない。ときどき、お仕事のことを聞いてくる。私は答えたくない。その時にまた、ふーん、という反応が示されたら抑えきれなくなるから。

小さい頃に離婚した両親。父親とはたまに会って、今でも食事をする。楽しい時間を過ごすことができる。うれしい。

ただ、母親はそうじゃない。母親が楽しくても、私は、そうじゃない。

いつもいつもいつもいつも、そうじゃない。

 

いやな気持ちになることが多いのは、きっと母親と、いつの間にか再婚してた相手と同じ屋根の下にいるからだろう。

目をつぶって、耳をふさいで、いやなことをやり過ごすことができなかった私は、大人になってもその方法がわからないまま。

 

たくさんの文字が並んでること。自分でも驚く。なんでこんなにつらつらと近況を書いたのか。まだまだ書きたい気持ちもあるけど、整理しきれない。

綺麗な言葉で負の感情を表すことは、私にはむつかしい。たくさんの言葉が頭の中を過ぎっては隠れてしまう。

国語は好きだけど苦手だ。

 

あたたかいベッドの中でこんなことを書いては夢見が悪くなりそう。でも、すこし片付いたかのようにも思える。

 

雨の音が聞こえるうちに眠れるといいな。