読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

いちねんの始まりの日。

もっとすっきりとした1日だと思っていたのに、ぜーんぜんだめだった。

もやもやもやもや、霧が晴れない。

 

病気ってなんなんだろ。

私は病気でいるということを、未だに理解できていない。言葉で伝えることはできるけど、自分の中では消化できていない。

すきなことをして、すきなものを食べて、すきなことを考えられる。ただほんの少し、それが自分でコントロールする力が弱いだけなんじゃないかな、と。いやなもやもやとした気持ちに突然なって、それのやめ方もわからない。ただ時間が流れて、その中でたまたま生活できるような気持ちになっている。

それってみんなじゃないんですか。

私だけじゃないでしょう。

なんでこんなことで、私は立ち止まって、いちいち悩まなくてはならないのだろう。

親戚のひとは、病院は病名をつけて治療をすることが義務だから、私が病気だということを決めるのは自分なんだよって。

でも、私にとってのふつうなんだよ。

これが毎日生きていた時間なんだよ。

それをいきなり病気なんです治療しましょうって、ちょっとつらいんですよ。

ずうっとそんなことを考えて、テレビをすこし観て、過ごしてた。

私は一体どう生きていったらいいんだろうな。

 

親戚のお家に、いとこのお友達一家が来た。

みんな小さいきゃっきゃしたこども。

私もこんなときがあったかな、思い出せないな。

楽しかったことが、最近上手に思い出せない。

ゆっくりとした時間を過ごしているのに、本当に無駄な時間の過ごし方をしているなあと思う。

 

また書きたくなる。たぶん。

ひとりになったら、また書こう。